読書をする

 

 

 

 

今日学校で言われてうれしい言葉についてお友達と4人で話し合ってた。

 

「かわいい」とか「ありがとう」とかが出て、

ありがとうと言われてうれしかったエピソードとかも話した。

まずその話題「言われてうれしい言葉について」が最高じゃんって思った。

お昼休みが終わっちゃって最後まで話しきれなかったからまた今度続きを話したい。

 

わたしはうれしかったことがたくさんあるんだけど、かわいいもうれしいけど「かわいくなったね」が嬉しかった。社交辞令的な感じでなくわざわざ言うような言葉だからだと思う。

あと、「君は美少女系だよね」と大学の先生に言われたのがよかった。その先生フランス人と付き合ったりしていて私のことなんか絶対よく見えないはずだし、可愛いって誰にだって言える言葉だけど美少女系(だけど“系”って何と思う笑)ってなかなか言われないから記憶に残っている。

 

あとは頑張っているね、とか勉強してるね、とか賢いね、とかがうれしい。頭のいい人はセクシーだと思うしすきだからわたしも賢くなりたい。

 

 

今日は他人に心を開いていこうと決めて登校したからいつもあんまりご飯を食べない3人とお昼ご飯を食べて話して、クラスも学年も違う中国人(28歳)の子と仲良くなって来週の金曜日の帰りにパンケーキを食べに行く約束をした。週番の日誌に感想をたくさん書いた。先生たちからのお返事がうれしいから。素敵な大人が大好き。あと電車で妊婦さんを怖いおじさんから守った。そう、わたしは賢くもなりたいしカッコよくもなりたい。

 

 

隣の席の21歳の子が毎日何回もかわいいかわいいって言ってくれる。その子のことも最近はとても好きになってきてあだ名をつけたりした。

 

 

どう感じるかって全部自分次第だって思った。

「自己の表象」と高校の時の先生が言ってた。わたしは思い返せばどの学生時代も何人かの先生によく面倒を見てもらったし同級生と比べても卒業して会うことがとても多い。たぶん話を聞くのがだいすきだからだおもう。自分の倍も三倍も生きていて経験も知識も考え方も豊富で言葉の使い方も上手ですごくたのしい、ワクワク、未来に希望、がんばりたいって絶対に思えるからだおもう。そういう人にわたしもなりたいなあ。

 

 

全然本を読まないので10月は読書の月にしたい。好きな漫画とか本、映画って頭の中見られるみたいな感じがする。知って欲しいけど知られたくない。でもすぐ忘れちゃうから感想を書いてみることに決めた。忙しくて服のことばかりやっているから勉強しなきゃ大学生のときの考え方もわすれちゃいそうでこわい

 

 

 

 

好きな本の話をしたい