君さえ良ければ永遠に続けられるよ

部屋のエアコンのリモコンのボタン、暗闇でも識別できるように違う手触りだったらいいと思った。シャンプーもリンスみたいにね。そう思ったらボタンが全部グミになる想像に変わった。

 

学生の時は卒業までの時間が決まっていて、やることも出来ることにも制限があったけれど、社会人は自分次第で一生続くって気付いた。こんな好きなものを作る、みたいなことが、一生続けられるなんてうれしいし、自分で辞めない限り終わらないなんてつらすぎると思う。

 

私の言っていることかどれくらい人から共感を得られるかわからない。言葉の意味を理解されることと共感されるのは少しも同じじゃない

 

今赤い下着で欲しいものがあって買うことを決めているんだけど、赤とピンクの下着を着た時に派手だね、という感じでなくおしゃれでかわいいね、みたいに思って欲しい。それからピンクが似合う男の人かわいいとおもう。

 

2時に眠りについて夜中に息ができなくて寝続けられなかった。思い出すだけで苦しい。意識しないと呼吸ができない。時計を見たら3:40だった、あまりに苦しくて私は泣いていた

 

小学生の頃好きだった男の子に会って一緒にコーヒー牛乳を飲む夢を見た、おいしかった。夢の中でその子の血液型を覚えていた。地下鉄に乗ると高校の頃の先生や後輩がたくさんいた

 

 

2度目の眠りでは別の

もっとあまったるい夢をみた