御神籤からわたしだけの物語を。

おみくじに書いてあったことが本当だったら嬉しいから、何度も眺めている。うわあ

 

わたしが西洋の女の子の名前をもらえるとしたら、オリンピアヴィオレッタがいいな。オリヴィアかオルガでもいいけど。オリンピアギリシャ神話みたいで、ヴィオレッタは紫色を思い浮かべられて綺麗だから、そんな名前だったら嬉しいだろうなって想像した。

 

初夢が怖かったので友達に聞いてもらった。朝10時に待ち合わせて(わたしは9時半に起きたので20分遅刻した)。東京大神宮に1時間並んで初詣を終えて、ご飯を食べてお洋服を見たりしてお茶をして19時ごろ解散した。ずうっとお喋りをしていた。17:30になったら帰ろうって決めたのに遅くなっちゃったわたし達はかわいかった。改札を通る前に「わたし、人と長くいるのが苦手なんだけど、あなたとだったらいくらでもいられる」って言われて嬉しかった。それから一緒に住めるとも言ってくれた。一番歳の近い妹もそう言ってた、ふたりめ。

 

3泊4日別の場所で過ごして、家に帰ってきたら寝るたびに詳細まで覚えているような怖い夢を見る。それを話したら、「悪い夢は人に話すといいって言うよね、だから大丈夫だよ」って聞いてくれて、悪い夢を話した方がいいことを私も知っていたはずなのに忘れていたから教えてくれて嬉しかった。この言い伝えを考えた人は、人を救ったりコミュニケーションを取ることの天才だと思った。

 

想像して切なくなったりうれしくなったりして、けれどそれは想像でしかなく美しくて悲しい。

 

ビーズでゾウの刺繍が施されたベロアのバッグにパンダの顔のパスケースをつけて鞄の中には梟のぬいぐるみを入れて出社する、なぜなら社会は厳しくて辛いから、嫌なことも多いから。

🐘🐼🦉🐘🐼🦉🐘🐼🦉🐘🐼🦉🐘🐼🦉🐘🐼🦉

熱がある