1人パーティ

「自分だけの記念日とかひっそりお祝いしたり美味しいもの食べたりしてたい」
「祈りのようなものなんだよね」
LINEで送った

 

dictator of taste

 

You were the lightest thing that ever came to my life

 

2週間すごく辛かった。何回も私はこの仕事に向いていないって思った。出来ないことばかりで帰るのが一番遅くなってそれでも次の日が不安でなかなか眠れなくて寝不足と疲れでどんどん精神が参っていくのがわかった。向いていないって何度も何度も考えた。今日は自分の書いたものと選んだ色がめちゃくちゃに可愛くて、しかも見たことないような、絶対に欲しい感じのものができあがった。それだけじゃなくて、先輩にもダメ出しをほとんどされなかった。思い返せば前回も全然ダメの後に幸せな気持ちになった。

 

今日は1人でピザパーティーしてる。4種類のチーズのピザにポップコーン、昨日の酉の市で買った芋羊羹、フルーツとお酒。それからさっき閉館5分前ぎりぎりで図書館に駆け込んで本を9冊借りてきた。11月の間に読み切る予定だよ。お酒飲みながら本読むことが好きなことランキング10位には入ると思う。年が明けたら区の図書館のシステムが変わって一度に15冊まで借りられるようになるんだって。今は10冊なの、朗報だよね。

 

食べるのだいすき過ぎて全然痩せられない。美味しいもの食べてかわいいものつくってちょっと太ってるし捻くれてるけれど全部愛して欲しい。 

 

まあるくやわらかく生きていきたいのにどんどんとんがってわざと傷つきに行ったりしちゃうんだ。

 

今日スーツケースとその上に紙袋を乗せて、盲導犬を連れた人が階段を降りようとしていたから、荷物を持ちましょうか?と声をかけた。ありがとうございますとも言われずに強く断られた。少し考えたら、目が見えないのに荷物を手放して誰かも分からない人に預けてしまうなんてしないよね。しかも目が見えないのに荷物を預かろうとするなんて全くの不親切で不信感を抱かれたのがわかった。私ってこういうところも全然だめだった

 

やっぱり1人で本を読むしかないんだと思う。いつか誰かと住みたいな。