最近の本だったらすぐに読み終わっちゃう。簡単だから。近代文学読んでないものがたくさんあるから読みたいのに時間がかかるし結構疲れるんですよ。

 

この前人に漫画を貸したとき、会ってから「何冊持って帰れますか?」と尋ねたらわたしが何冊持ってきたかを知る前に「全部いけるよ」と言われて嬉しかった。9冊貸した。前回会った時にはお財布もケータイも、モバイルバッテリーもKindleも何もかも全部、着ているパーカーの大きなポケットに入れてきていた。そのパーカーをかわいいでしょうと自慢された。だから手荷物多いの嫌なタイプかと思った。その日はリュックサックで来ていて、漫画を借りるためにこれで来た、と言っていた。それからなかから本をどんどん取り出して見せてくれた。系統もバラバラでなんだかドラえもんみたいだった。この人はわたしの貸した漫画と合わせて何冊の書籍を今日持ち歩くのだろうと思った。わたしも本を絶対に、小さい鞄でも絶対に1〜2冊本を入れている。本をいっぱい持ってる人いいなあ。

 

私もリュックサックを買おう。服に合うやつ。早く秋になればいいのにね。

 

欲しいもの、というか買うもの

・リュックサック

・お月様のライト

・星の連なるライト

・シングルソファ

・時計

・ジェルネイルキット

 

本を読んで少し泣いてティッシュで拭いたら涙とは別に黒い汚れとキラキラが付いていた。アイシャドウなどのお化粧、かわいい。

 

きのう10年ぶりくらいに水着をきた👙

わりと泳げるけれどこの前川に溺れかけたので(後に溺れたのを見ていたひとに平泳ぎがうまいと言われた)泳ぎに慣れておこうと考えてプールに行って1人で黙々と泳いだ。自分の吐いた空気の音だけがよく聞こえた。ゴーグルを持っていなかったのでプールで買う予定だったのに売っていなくて結局裸眼で頑張ることになった。ぼやけるけれど見えないってほどじゃないのね、でも次は買っていくと思う。温水プールの水、もう少し冷たくてもいいんじゃないかな、熱い。 

 

溺れた時本当に死んじゃうかと思った。こわかった〜〜。水が怖い人の気持ちがわかった。そのあと友達がふざけて私を冷たい川の中に何度も押して浸からせてきたけどそれさえも怖かった。溺れたとき、誰も助けてくれないし誰も助けることができないってわかった