触りたくない

旅行に行くっぽい 今日話題が出て今日決まった 金沢に行けるようでうれしい、浴衣着たいけど浴衣持って行って着るの面倒かな?お帽子買おうかしら?

 

 

次の土日はゆっくりしたい 毎週土日どちらも遊びすぎちゃう。就職してから誘われたら予定が被らない限り全部断らないようにしてる。3年くらいほぼ断っていたようなメンバーのものに行くと驚かれるけれど喜ばれるしすぐにその頃みたいに戻る

 

このところの私はすごく嫌なことがあってもそれより自分の機嫌の良さが勝る ちょっと無理になったらお菓子やケーキを食べたり本に頼ったり音楽を聴いたりすればいいって知っている。今思えば去年くらいは何もかもに余裕がなかった。常に課題を抱えてアルバイトも学校もと時間もなく、常に疲れていて寝不足で就職やそれに対する父からの圧力とか、あんまり自覚していなかったけれどいっぱいいっぱいだったと思う。私はわりといつも自分のことを信じがちで(良い面でもある)余裕がない状態を自覚して発散するのが下手だった

 

去年、そういったことからか(そのせいにしちゃダメかもしれないもしかしたら別の理由か、もしくは理由なんてないのかもしれないけれど)怒ったり泣いたり人への配慮に欠けたりして、そこからの自己嫌悪や好きなことまで嫌になったりたくさんの悪循環で全部上手に出来なかった。お子様だね

 

 

ふいに、わたしって明日くらいに死んじゃうのかなって気がする

 

 

道路に食べ物を落としてもベタベタしていないものなら食べられるのに公共のもの、例えば手すりやドアノブ、あと人のペンとかも触りたくないの、ボーダーライン意味不明すぎる

 

大人っぽい服装をして大人に見られるの気持ち悪い、子供っぽいと思われて好かれるのも気持ち悪いさいあく

 

 

はやく48キロになりたい

 

 

会社の給湯室の電気をつけずとも私はお茶を入れたり手を洗ったりするのに全く困ることはなくむしろ明るいデスクから離れてホッとするくらいだけれど後から人が来た場合、電気が消えているのに私が、人がいるとかなり驚くようなのでそれからというもの電気をつけるようにしている。本当はスイッチを触りたくない。郷に入れば郷に従えという感じがする