40パーセントくらいでいい

バーベキューに誘われたので行ってみると30人くらいいて 3〜4年ぶりに会うような人がたくさんいて嬉しかった 懐かしくて楽しかった。みんな明るいの。あと自分が子供に まだ10代だった頃に戻ったみたい。可愛くて素直だった頃みたいだね。初めましての人もいた。最近自己紹介することが多い。働いててよかったーっていつも思うからこれからも働けるようにしたい。50%くらいの力で仕事していきたいって言ったら 「40%くらいでいいんじゃないですか?」と後輩が言ってて嬉しかったし上手な返し方だと思った。明るくてアホみたいで賢いその子のことが好き。雨が沢山降ったけれどたのしかった

 

 

そのあとお友達のお家でみんなでちょっとした美味しい食べ物を作ってまたお酒を飲みながら沢山お喋りした。女の子って感じで最高に可愛くてよかった。もっと好きなことしたり好きなもの買ったり身体を動かしたり若さを保ったりしようっておもった。

 

 

今朝は2年間以上貸していた漫画を返してもらうために友人のお家に行った。着くとその子と彼氏が朝ごはんの途中で 自己紹介もそこそこに私も卵かけご飯を食べた。卵かけご飯食べたの人生で2回目だった 前食べた時より美味しくて 、というかすごく美味しくてまた自分でも作って食べたい。20分間の間に自己紹介と卵かけご飯とヘアアイロンで髪を巻くのと近況報告をして一緒にお家を出て仕事に行く2人と別れて私はいま喫茶店に来ている

 

 

新聞に目を通しながらタバコを片手に話す2人のおじさんたち

1人できていてノートに何かを書き留めているお兄さん

カフェオレを飲みながらお喋りする女の人2人

 

 

私の前にはふわっふわのバナナジュースに自由に食べていいお菓子、三島由紀夫の小説にベートーベンの音楽 あとはこれから白玉団子をみんなで作るというかわいい予定

 

 

「逢瀬の微妙な緊張と清潔と均整とが生活の隅々にまで及び、いたって脆いがしかしきわめて透明な秩序を生活にもたらす」(仮面の告白)