日記

 

 

 

水族館に行きました、たのしかった〜〜

品川の水族館は5年ぶりくらい。イルカのショー、6時のデイバージョンが楽しくて7時半のナイトバージョンも見たくなっちゃって一度外でお酒を飲んで(飲みながらなぜか中国の歴史や地政学の話をした)戻ってみた。2回もショーを見られちゃった。(ビールを飲みながらポップコーンを食べながら見たのもよかった)

 

 

 

クラゲが綺麗だった。一緒に行った人がレースみたいだと言っていたのがすごくよかった。本当にレースみたいで、しかもアンティークのドレスの裾という感じですごく美しい。

 

 

 

なぜか揺れる船のアトラクションにも乗って 浮遊感が久しぶりで気持ち悪くていい感じだった。

 

 

 

夜ご飯はお寿司を考えていたけれど私は朝、相手は2日前にお寿司だったようなのでどうしようかとなって、結局水族館のあとでシュールだけど海鮮が食べたくなってしまってお刺身や焼き魚を食べた。焼酎のお湯割りをずっと飲み続けてお魚をゆっくり食べた。最高。

 

 

デザートを絶対に食べたいのにラストオーダーの時に注文し忘れちゃって、ドリンクラストオーダーの時に思い出してプリンが食べたかったけど忘れてた(プリンあんまり好きじゃないけどフルーツと盛り合わせた焼きプリンが美味しそうだったから)と私が言ったらお店の人に聞いてくれた。結局食べられなかったけれどうれしかった。

 

 

私が知らないことをたくさんものすごく分かりやすく話してもらった。あまりに私がものを知らなすぎて「キムタクって知ってる?」という冗談を言われた。自分が何にも出来ないっぽい感じを滅多に味わえないし、頑張らないでいいのが嬉しかった。そんな感じなのに私の話もたくさん聞いてもらえて「きみはいい感じに育ったね」と言われて全てを肯定されたような暖かな気持ちになった。

 

 

 

ふふ、もっと細々としたいいなと思う瞬間のある、あたたかいひだった。