gw2

場所や人に対しての勘 そんなに外れたことなくてむしろよく当たる方だと思うので(私のこの周囲への鈍感さからは想定出来ないほど当たる)自分のことを信じてこれからも物事を決めていきたい

 

 

おととい誘ってもらったBBQに同じく誘われて来ていた同い年の男の子に「雰囲気すごいよね」と言われて歳上だと思われたのでうれしかった

 

よく知る先輩(と言っても会うのは3年ぶりくらいだった)には「相変わらずクソガキ」と言われて本当に心外だった

 

 

あとそんなに良くしらない5年ぶりくらいの先輩に「チョロい」って言われて死ぬほど失礼だなと思ったけど同時になぜかそんなに悪い気はしなかった。自分でも自分のことが面倒くさいし全然分からないので他人には酷いものだろうはずなのにチョロいって言われたから安心したんだと思う。わたしその人に全然心を開いた気も好意を向けた気もない。まあ面倒だったので言わなかった。

 

 

海に行けて嬉しかった。水が冷たくて足をつけた時にびっくりした。気持ちが良かったので今年は泳ぎに行きたいな プールでもいいから

 

 

君の名前で僕を呼んで』きっと私が好きなタイプの映画だろうから観に行く

 

 

ゴールデンウィークに遊びすぎてヘトヘトで疲れてたけど会社に行って仕事をしてたら動かなくていい分体力回復したのでアホみたい。会社の人に「良く休めた?」って聞かれて「遊びすぎて疲れてます」って言っちゃってやっちゃったと思ったけど「そうよ!遊ぶべき!そのための休みよ!」ってめちゃくちゃくだけた感じで喜ばれた

 

 

お休みの間大学時代のサークルの人たちに沢山会ったり思い出を振り返ったり 今日は後輩から連絡があったりしたので 「わたしの愛していた日々」という気持ち