メモ

リバプールに移動した。無計画すぎて全部、泊まるところも行くところも列車もぎりぎりに決めている…早くとっておけば列車のチケットが安かったのでそれだけ後悔。

 

 

ロンドンのホストと別れてさみしい。ものすごく優しい人たちで、毎日朝ごはんを用意してくれておしゃべりして、寒くないかとかお茶飲むかとか、たくさん気にかけてもらった。実は1人で海外に来たのは初めてのことなので最初の宿泊先がここで本当によかったなあと思う。今日はサンドイッチにりんご、それとクッキーのお昼を用意してもらった。やさしくされてさみしいよね。

 

あとロンドンでは友達といたのに今は完全に1人でそれもさみしい、料理もめんどくさいしお風呂もめんどくさいし、一人暮らしはしてみたいけれど誰かといたいな。

 

リバプールはロンドンより閑散としている。でも建築は美しいし、美術館が最高。歩いて5分のところにある2つの美術館が本当にすばらしくて毎日でも通いたい。ミイラみた、感動しちゃうよね。エジプトにいつの日か絶対に行きたい。あと魚もいたしプラネタリウムとも付いていた。興味が広がりまくる。

 

The Beatlesの像やバーがあります。わーーすごいよね、嘘みたい、ここに本当にいたんだなあって。

 

ハラル系の飲食店やスーパーを見つけた。客層が他のところと全然違って、まずみんな英語を使っていない、あと狭くて汚くて安い。レジの脇に唐突に金魚が売られている。卵とナスとチーズとイチジクを買った。イチジクって食べるのめんどくさいけどとても綺麗だよね。違うスーパーでお水を買ったらお店のおじさんに結婚してるか聞かれて(Are you a singer?に聞こえて突然なにって思ったけど、Are you single?or married?でそれでも突然なにという感じであった) 宿泊先にコーヒーとか紅茶を届けてあげる、とか言われたのが怖かった。もうあのお店には行かない。

 

ちょっと疲れちゃって全然まとめられない。

となりの部屋のテレビの音がうるさかったので音下げてくださいって言ったら消してくれたので良い人っぽい。よかった〜〜おやすみ〜〜