友人に「私は自分の手に負えない人を良いと思っちゃうんだよね」と話したら、「お前が言うなよ生意気だから笑 ほんと友達としても手に負えない」と返されて、それがとても良かった。ふふ、手に負えないと思ってるし、その上で仲良くしてくれているのが嬉しいよね。そのままで私を良いと思っているだろうし、自由にしていていいんだなあって。

 

 

最近ご機嫌すぎて調子に乗りまくっている。へらへらして友達に「まじでポジティブ」「調子乗んな」って笑われるのがすごくすき、愛情感じちゃう。しかも「あんたのそういう性格ほんと良い」とか言ってくれるんだよ。最高じゃーん

 

 

フーコーの「人はある種の自らのもつ美的感覚に基づいて自分の人生をひとつの作品のように作り上げている」みたいな言葉をたまに思い出す。わかる。

 

 

 

愛→自己と他者が合一してそこに隔たりがなくなった状態

 

 

はちゃめちゃなポジティブさとネガティブさの波が激しかったり同時に持つことばかりなので情緒不安定で自分のことをめちゃくちゃ扱いにくいなと思っていた。これは想像の範囲が広いからだという結論に至った。例えばラインのメッセージで「忙しい」と言われたら、「忙しいのにこうして連絡をくれたりするなんて私のことが好きなんだな」と思うと同時に「忙しいということはもう連絡できない、したくないということなのでは」と考える。なんてめんどうくさいのだろう。

 

 

あと私は自分に対しての勘や感覚がほとんどあたる。就活の時も面接のあと手応えがあれば必ず通過して、だめだと思ったら全部落ちた。こわいくらいぴったりなの。昨日もなんとなく嫌な予感がしながら向かったら案の定ものすごく怖いことを言われた。悪いことも言われた。当たってるのではなくて、ある程度全部想像してから行ったから、その中に合う事柄があって、当ててしまった気がしているだけかもね。

 

 

やることをやって驕らずがんばれば大丈夫らしいのでそうしましょ〜。

 

 

 

良いことから悪いこと、端から端まで想像したとき、もし何か挑戦するとか新しいことを始めるとか勇気を出すべき時は、良いことの方を信じるようにしている。失うものはそんなに大きくないはずだよ。あともし口に出すならどっちも言うか、良い方だけ言うのが楽しくていいと思う。

 

 

 

何かをリアルに考えられるのはすごくすごく大切重要なことです。私は最近リアルにというか、自分に全く関係ない事として捉えていたことを、なんとなく早く経験したくて自分もそうなることを信じたいとかそういう想像ができるようになったことが嬉しい。環境を、良い方に変えられた、そうに違いない。 

 

 

100パーセントの愛情を持って家族と洋服を作りたい、大げさだけど、命を注ぎましょう、みたく今日は思いながら服を作りました。そうできてうれしかった。やる気を出すまでに時間がかかるタイプで困っていたけれど、自分の機嫌を確実に取れる方法を見つけたので無敵✌︎

 

 

アイス買って帰っちゃお♡