ヴァネッサとオースティンが最高

 

 

 

わたあめとかマシュマロとか、お砂糖ばかりでできたような甘いものだけが食べたい

ソフトバンクユーザーなので今月はサーティーワンのアイスクリームが毎週金曜日にもらえているけど、それも残すところ1回となっている。メールが届くのがうれしい。たいてい火曜日か水曜日に届いて、1週間がんばろうという気持ちになれる。ご褒美が欲しい

 

あまいとやさしいは似ているね、お砂糖から怒りや憎しみはあんまり想像しない、でもかなしいは少し近い気がする。 

 

  

癒しを求めてヴァネッサとオースティンの写真を見ている。ふたりがあまりにかわいくて、愛情と尊敬と自由で溢れているので感動して泣きそうになっちゃう。容姿も好みなのでずっと見てられる。ヴァネッサがオースティンといるときに1番かわいいのも、オースティンがヴァネッサといるときに1番かっこよく見えるのも、誰かも言っていたけど本当にそうだと思う。

f:id:dolllviolet:20171025044423j:image

“Happy Birthday to the light of my life

 

f:id:dolllviolet:20171025044925j:image

“When he’s just too handsome”

 

 

 

また三浦しをんさんの本、「舟を編む」を読んだ。とても良かった。辞書を作る話で、わたしは言葉がについて考えるのが大好きなので夢中になって読んだ。主人公が荒木さんなのかと思いきやまじめさんなのがすごくよかったし、脇役たちも好きになれる。がんばるひとのお話なので頑張りたくなった。

「光」も読んだ。これは「風が強く吹いている」とも「舟を編む」とも打って変わって重たくて暗い話だった。こんな物語もかくんだなって思った。全然わからないようで、全部わかる気がした。前の二作とあまりにも雰囲気が違うけれど、たぶんそういう負の部分を考える人が書いたものだから、前の二作も面白かったのだとおもう。