寒色系のいろが苦手

むさらき〜みどりまではすき

あおがだめ、最近だと紺色もだめ

だからデニムがすきじゃないのかとさえおもう

 

海のある南国より煉瓦の建物や石畳がいいし、曇り空の方がわたしともわたしの服ともマッチする気がする

一番好きな空はピンクや紫色のとき

 

 

水の色、透明でいいけど、地球も海も黄色かオレンジになって欲しい

プールの底も水色はやめて欲しい

 

 

小さい頃太陽を黄色で描いていたら太陽は赤だよ、っていわれたのを思い出した

 

 

 

今日は先生が縫い方の説明をしながら「明日は満月みたいですね、晴れるといいですね」と言っていた。それからみんながうとうとと眠そうなことについても「眠いのは若いということですね、寝るのにも体力が必要みたいですよ」「寝られないより寝られる方が健康でいいですね」 って。

 

あとは三浦しをんさんの「きみはポラリス」を読んだ。並行して四冊読んでいて読みやすかったのですぐ完読した。恋の話。短編集で中でも"優雅な生活"という話が好きだった。わたしは興味を持つと同じ作家の本を連続して何冊も読む(考え方や好きなものがわかる気がするから)。自分と全然違う人のことが知りたい。わたしだったら絶対怒るところでもそのまま暮らしたり、何かを我慢したりしているの読むと、新しいことを知ったようでわくわくしちゃう。

 

 

 

最近きゅうに涼しくなったので冬用のパジャマを出した。外出着はモノトーンや彩度の低いものが殆どだけど、パジャマや部屋着はピンクや赤や花柄の明るいものが多い。