ロマンス

 

 

 

わたしは何かを考えて箇条書きにすることがすき

多分国語力がなくて文章にするのが面倒だからだとおもう

数学がすきだし

でも好きなタイプを聞かれたら言葉が上手な人って答える、いまは

丁寧とか、難しい言葉が使えるとか、詩的だとか、そういうことじゃなくて、その人とか状況とかにあっていればなんでもいい

「お前」とか「バカじゃねーの」みたいな雑なのは全然いい、むしろくだけたかんじがすき

でも先生とか親が学生や子供に「あなたって全然だめ」「なんであなたはちゃんとできないの」みたいなこと言っているのを聞くのがほんとうに嫌

同じことを伝えるにも、もっと違う言葉、違う言い方があるのに、わざとなのか苛立ってるのか知らないけれど、言葉を使うのが下手くそだなあといやになっちゃうね。

なるべく、そのだめだったところだけを、ここがこう悪い(からこうしたらいい) とかポイントを押さえて言うようにしてほしい

人格とか、生活とか、他のこととかを巻き込まないように、そこだけ直して次は頑張ろうと思えるような言葉を選んでほしい

わたしも気をつけたい

 

 

なぜか長くなっちゃった

最近悲しいことがいくつかあったから

お風呂に入りながら「ロマンチックなことを言い合うゲーム」したら楽しいんじゃないかなって思いついたから箇条書きにしようと思っただけなのに

 

 

 

「ロマンチックな物事」

服を作ること(人のことを考えて、着る時の気持ちとか、身体とか、色とかレースとかたくさん考えるから)

家具(生活を送る様子が思い浮かぶから)

天体(月が一番すき)

夜空をながめながら何時間もおしゃべりしたい

花と花を贈るという行為

眠ること

チョコレートとその箱

テディベア

手紙

下着

蝋燭

雨の日

ペディキュア

 

全部に理由付けられるけど急に現実的になる気がしてやめたしもうやめる

 

 

f:id:dolllviolet:20170717001929j:image

 

 

 

cafuńe:愛する人の髪にそっと指を通す仕草

(ブラジル・ポルトガル語 名詞) 

 

 mångata:水面にうつった道のように見える月明かり

(スウェーデン語 名詞) 

 

 

こんな感じの日本語では一言で言えない状況に名前が付いているのがすきだしロマンスを感じるのでなにか知っていたら教えてほしい