むかついたことを書く

 

 

 

おじいちゃんとおばあちゃんの家に久しぶりに遊びに行った。前回いつ行ったのか思い出せない。美味しいご飯を食べさせてもらって、洋服を何着かもらって、のんびりしてたくさん話して帰ってきた。

 

 

ふたりと会えたのは嬉しかったし、おじいちゃんは少し前に2ヶ月入院したほど身体の調子が良くないみたいなのでそういう意味でも会えてよかった。

 

 

でもやっぱり、前に行ったときと同じように行かなければよかったと思う面もある。

まずはじめ私だけが行く予定で、妹たち(大1、高1)も行く誘って3人で行くことにしたら、おばあちゃんは一番末の妹が行くことをとても喜んでいた。それは別にいい。

 

 

到着すれば末の妹はかわいいかわいい、「おじいちゃんが貴方に会いたがっていたのよ」と言われていて、彼女はついでに来ただけなのに、私の方がいないみたいだと少し感じた。

 

 

後から真ん中の妹が到着した。記念に写真を撮れば私は顔が怖いなどと言われた。見てみたけれど怒っているわけでも笑っているわけでもだからと言って真顔なわけでもなく至って普通だった。末の妹のものは「お見合い写真に使えそう」などとものすごく褒めていた。でも正直そちらもいたって普通でそれがそんなにかわいいら私のも超かわいいということになる。

 

 

彼女の着ていたワンピース、「可愛いからとても似合う、素敵ねえ」とのことだったけど、それは私の選んだ、私の買った、私のワンピースで、私が着ているときだっていつも褒められるもので、気に入っているけれど最近あまり着ないし妹は普段制服で服がないので貸しているものだ。私のなのだから可愛いのは当たり前。「凄く似合っているからもらえば?」と言っていて、冗談だし意地悪な感じではなかったけど、もともとあげてもいいと思っているけれど、少し嫌な気持ちになった。

写真の話に戻ると、真ん中の妹の写真も可愛いと言っていて、なぜか私と真ん中の妹と二人で写った写真を末の妹に見せて「2人のうち結婚するならどっちがいい?」などと聞いた(質問の意図がわからない、何故姉2人のうちから結婚したい方を選ばせるのか…)ら、末の妹は私の方を選んだ(どっちでもよかったけど、どっちも嫌とかでもよかったけど、少し嬉しかった)。おばあちゃんはそれに「どうして?」と聞いた。ただ会話の流れで、選択した理由を尋ねることなんていくらでもあるだろうけど、なぜかイライラした。妹はそれに「つよそうだから」と答えた。理由も良かった。

 

 

 

なくしてしまったものがあって、それは私がなくしたのか、妹が無くしたのか、母が無くしたのがわからないもの(しかも妹の用事に母の代わりな私が付き添ったとき最後に使ったもの)なのにおじいちゃんには私ばかりが「探さなきゃダメだ(探した)、そんなのなくすなんて聞いたことがない」とずっと言われていた。私が持っている可能性は低いし、そもそも関わる予定のなかったものなのでとても理不尽で、久し振りに会ったのにとても悲しかった。わざわざ会いに着たのに…とさえ思った。

 

 

真ん中の妹がバイトをしていることも、末の妹がお礼を言えることも、2人が勉強するものを持って行ってやっていることも全部すごく褒められていたけれど、全部私もやっていることだった。別に私にとっては全部全部あたりまえなので偉いことだとか褒められたいなどとは微塵も思っていなかったけれど、そんな風に名指しで、2人のことだけ目の前で褒めたりしなくたってよかったと思う。褒めたとしても、私にも違う一言があったってよかったと思う。また少し居ないみたいだなって思った。

 

 

帰りもわたしはまた遊びに着てねなどとは言われなかった。忙しさや年齢を考慮したことかもしれないし、言わなくてもちゃんとくるだろうと思われているのかもしれないけれど、複雑な気持ちだった。もう行きたくないと思ったけど、来てって言われたかったんだと思う。

 

 

前に行った時も、こういう風に感じて、年下の子が可愛いのは仕方ないし、頼りなく見えて何をしてもすごいことに感じるのも仕方ないけれど、今回も嫌なことがたくさんあったので消化できない。

 

 

 

それでも私は妹たちを疎ましく思うわけでもなく、一緒にいれば楽しいし、今日かわいいかわいいと言われた妹は少し自信を得たようで嬉しそうだった、それが私も嬉しかった。普段あんまりされない分そうやって甘やかされることも大切だしそういう日になってよかった。しかも妹たちには私の持てる全てを共有したいと思っている。自分がこの年齢まで気付かなくて早く知ればいいと思うことはなんだって教える。美術館や少しお洒落なカフェに行くときは誘って連れて行く、良い洋服を見せたりブランドの話をする、勉強を教える、好きだろうな読んでおいたら人生の助けになるだろうと思う本を貸す、学校で嫌なことがあったときの乗り切る方法や考え方を教える、面白かったことやバイト先や学校で学んだことを話す。そのおかげと言うべきか、そのせいと言うべきか分からないけれど、妹はその歳にしてはすごく大人で考えることも話すこと出来る、知識も豊富、という感じで同級生は幼く感じて嫌だと言いながらも、先生や周りの大人からはとても褒められるという。私が貸した服、あげた服は100%褒められる。それが私も嬉しい。

 

 

私は両親にそれらを与えられたことがなかったから、自分で行動したり別の大人と話したりして気づいたり学んだりできたのことなので少し時間がかかってしまった。今の自分が好きだけど、もしこれらを知ったまま15歳になれたらどんなにいいだろうと思う。おじいちゃんやおばあちゃんが褒める彼女は私のおかげでもある思う。別に知ってもらわなくて良い。褒められなくても妹は私を尊敬しているのがわかる。心配されないのはしっかりやれているからで、褒められないのも当たり前のようにこなせるからだと思う。これまでずっとそうだった。

 

 

彼女が私によって早く成長した分は私がもっと早く成長すれば良いと思う。長女だからずっと一番で居られるようにがんばり続けたい。誰のためでも、褒められるためでもなく自分のため、私はそういう自分が好き。私は前を走り続けるので頑張ってついてきてほしい(勝手についてこいよって感じでなく、いちいち気にかけてこちらからアプローチするのでわたしは本当に優しい)。抜かされそうになってももっと頑張るし、それが出来るだけの貪欲さと賢さ(幼少の頃より勉強に向いている脳みそを持っている)を持ち合わせているので今のところ一番でいられそうだ。

 

 

だけど、本当は少し疲れたりしているので私も妹のような立場になりたい。なんとなく生活していくだけで私の知らない色々なことを教えられたい。誰かに遠慮することなくついていきたい。引っ張り上げて欲しい。1人で頑張れないときもあるし、一緒に頑張るのとも違う、少し先にいるような人に引っ張られたい。誰か気にかけて欲しい。やる気や元気をなくしたときに励まして欲しい。

 

 

 

 

家の外だと頼りないとかしっかりしてないと言われてなんでもやってもらえたり(やらせちゃう)、かわいいと言わせたりしちゃうのは家だと頑張らなきゃいけなかったり得られないものを得ようとしている結果だと思う。ベタベタに甘やかされたいね。

 

 

 

 

 

夜が続けばいいのにね

 

 

 

夜のことを愛してるから夜がずっと続いて欲しい

加湿器はじめました、湿度が高いだけでとても温かく感じるね、あと肌の冬の保湿もはじめました。プルプルお肌目指そうね。

 

 

お母さんに「23歳って結構年だよね」って言われてイラッとしちゃった、どのような意図で言ってきたんだろうと考えるけど、文脈的に嫌味っぽくてほんとやな感じだった。「自分の方がよっぽど年じゃん」しかもゲームばっかりしてる、すぐ年取っちゃうよ、勿体無いから私にちょうだいよって思った。いつも思ってる。

 

私は自分が23歳なことにはしっくりきているし、時間無駄にしたことなんてほとんどないとおもう。ゆっくりしちゃった日もあるけど、人間として最低限の心と体の健康のための休息だとおもう。振り返れば高校生では部活も勉強も頑張って今でも付き合いのある最高の友人たちも先生たちもいるし、大学でも勉強もサークルもゼミも卒論もアルバイトも頑張った。やったことのない新しいことに沢山挑戦して全部やめないで最後までやりきったと思えるし、最高の友人たちも先生もいる。中学生までは赤ちゃんみたいな精神年齢だった(それはそれで幸せだったんだよね、向かうとこ敵なし、世界の中心は私だった)けど、大学卒業のころは年相応だったとおもう。今だって今までで一番頑張ってるはず。絵を描くのもデザインするのもやったことなかったから出来ないし悔しいし、だいたい私は今までやって出来なかったことなんてないのに急にそんな壁にぶち当たったりしたけどがんばっている。服作れるようになったよ。毎日死ぬほど寝不足で肌も荒れて髪もカサカサで友情もおざなりだ(今日肌なんて戻るんだから卒業までの時間を大切にして頑張りなって言われて、それを今思い出して泣きそうになってきた。がんばろう)。それと引き換えに強くなったし負けず嫌いだし我儘でマイペースで貪欲になった。自分のレベルに全然納得いかないけど、全然くじけてなくてむしろ向上心の塊のようになってきたのでこのペースで成長していくとおもう。伸び代しかない。まだ人間としての完成度12%くらいだとおもう、やっと基盤を築いた感じ。負けない負けない負けない負けない!

23歳最高、2017年も最高、24歳になるまでまたいっぱい頑張って、25歳も26歳もずっとずっと自分に納得できるように歳を重ねていきたい、生き急いでる!こわい!時間!こわい!

早く無敵のキラキラした女の人になりたい!あぁ……、私は23歳で納得してるけど、世間一般の23歳って「女性」って感じだけど、自分に「女性」と使うのとても違和感があるから、もっと大人っぽくなりたい……

 

 

2017年のうちにやりたかったけど時間がなくて無理だったこと、学校を卒業したらすぐやりたいこと

フランス語検定2級とる

・いっぱい本を読む

・全然会えてない友達に会う(断ること多くて悲しいかった)

TOEIC

・もっと映画みる

・台湾に行く

・イギリスにも行きたい🇬🇧

・痩せる

 

 

夜がおわらなければいいのにね、時間が欲しいの、好きなことしたい、出来なくて悲しい😢

 

 

 

 

最近ついてない

 

 

 

歯医者さんで間違えて唇を掴まれて、お風呂で見てみたら内出血していた。もし誰かにどうしたのと聞かれたときは噛まれたというロマンチックな設定を作った。歯型を取っているときに押さえてもらっていたら寝てしまって指を噛んでいて起こされた。「口を開けていてください、あ、そんなに開けなくてもいいんですけど、噛まれると痛いので」とおそらく大学病院で研修中であろう人に言われたので同い年くらいのひとの両親指を噛んでしまったと不思議な気持ちになった。

 

最近本当についていない、この唇の内出血はすぐに治ったけど、そのあとまた唇をヘアアイロンで火傷して、お湯を沸かそうと思ったら髪の毛が燃えてて(私の認識よら最近長くいから危なかしくいつかこうなる予感はしていた)、なおったと思ったら熱いチーズでまた火傷してしまった。他にも沢山失敗をする。思い出すのも嫌きなってきた。注意力散漫である。ついてない。きっとこれからはいいことしか起こらないと思う。

 

 

感情の振れ幅が10段階評価で2くらいになったと思う。それでも悲しくてお風呂で少し泣いてしまった。

 

 

ファンクラブに入るほどアイドルでも歌手でも誰でもいいから誰かのことに興味を持ちたかった(楽しそうに見えて羨ましいから)けど、そのまでの人がまだ見つからないのでとりあえず自分のファンクラブを作ることにした。会員2人くらいでも十分楽しいと思う。

 

 

三島由紀夫の『美徳のよろめき』を読んだ。

こんなことばかり考えがえていたとしたら、自殺してしまったのは仕方ないような気がするし、日本語が本当に美しいので読まれているのも納得だった。もっと知りたい

 

 

 

 

 

次はクリスマスだね

 

 

 

夢をみた、黄色がオレンジ色に、黒が紺色になってしまう、わたしは嫌なのに。

何度も何度も目覚まし時計を止めながら、その度に段々とオレンジ色が黄色になっていくようで、もう少しもう少しとがんばっていた。なにがもう少しだ、もっと寝たかっただけ。

 

 

ハロウィン今年もなにもしなかった。来なにかするなら、メイドからんま1/2のシャンプーがいいって毎年思ってる。でもハロウィンかどうかなんて関係なしに、好きなとき好きなようにすればいいよね。お菓子欲しい。

 

ハロウィンよりもクリスマスの方が断然好き。美しく優しく神聖で冬休みの間なのも、もうすぐ新年を迎えるという意識を少し含んでみんなが浮かれているところも全部すき。愛情に溢れる日。家族のためにケーキを買ったり(24日にケーキを慎重に持っているサラリーマンのおじさんたちを電車で見るのがすき)、家族や恋人や友人たちと過ごしたり、友達や好きな人、子供たちのためにプレゼントを用意したり。街中がキラキラとして、お洒落をした人々を見ると平和だなあと嬉しくなる。寒いのすらもワクワクさせる気がする。

 

 

 

お花屋さんの前を通ると、クリスマスの、それか冬のお花屋さんのにおいがした。花の匂いが変わる。

 

 

 

豆知識

1.気になって調べてみたら、オーストリアの研究がクリスマスが近づくと自殺率が低下するという結果を出していた。

 

2.わたしは爪が伸びるのがはやい。要因として、指先をよく使う(刺激を与える伸びるらしい)、睡眠不足(死んでいる細胞が増える)、新陳代謝がいい、が挙げられるらしい。全て当てはまっている。服を作ったり細かい作業をするし、夜遅くまで作業したりと慢性的な睡眠不足で、自分だけ汗びっしょりになったりするほど代謝がいい。ネイルを塗り直さないと。

 

 

3.大根にはジアスターゼという消化酵素の成分が含まれていて胃を刺激しすぎる。また、タマネギと同じ辛味成分も存在するので胃が痛くなることがある。お腹が痛いのか背骨が痛いのかわからないくらい具合が悪くなった。気をつけようね。

 

 

 

 

 

怖い絵展

 

 

 

「怖い絵展」に行ったことをメモする。混んでいたけれどとてもよかった。やっぱり何事も思い立ったときにすぐ行動するのが一番だと思う。それができる自由さが尊い

 

 

ドラローシュの《レディ・ジェーン・グレイの処刑》が広告にも使われていて、最後のフロアで見ることができた。想像よりもずっと大きな作品で、美しさや迫力にずっと見ていたいと思った。白い色がとても綺麗だった。好きだと感じたのでドラローシュのことや他の作品についても家に帰ってから調べてみたら、さらに好きになった。本物を見に行きたいな、海外の美術館に絵を見に行きたい。

 

セザンヌの作品もあった。数年前にフランスに行った時、一人で彼のアトリエまで足を運んだことがある。誰もいなくて、高い天井と日当たりの良い大きなガラス張りの窓、緑の生い茂った庭園のあるとても可愛らしい場所だった。そのことを思い出したのもあって、また一つ作品を見ることができたのが嬉しい。

 

 

それと初めて見たギュスターヴ・アドルフ・モッサの絵がとても気に入った。

f:id:dolllviolet:20171101013944j:plain

かわいいしタイトルもいい《Elle》。

インターネットで見られる画像とは全然違って、ものすごく綺麗だった。

この人の色使いと描く顔が特に好き。

 

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-5b-fd/cat431537/folder/471123/31/11145631/img_3?1483021712

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/76/87/1f/76871f7eeb0d4a87a0ed4210ab89d7d7.jpg

 

 

とてもよかったという記録、忘れないようにしたい

 

 

 他この一年間で行ってよかったもの

バーバリーのケープ展

ポール・スミスの講演

クロード・ルルーシュの二本立て

・中川清美先生の展覧会

ブリューゲルバベルの塔」展

安野モヨコ

宇野亜喜良

・MIYAKE ISSEY展

 

普通だったやつ

長沢節

・ファッションとアート 麗しき東西交流展

マリメッコ

・マリーアントワネット展

山本耀司「画と機」

 

 

もっと色々あったけど忘れた

行けばよかったなあと後悔してるのもたくさんあるけど、やっぱり銀座や六本木に行くのを渋ってしまうね、軽快なフットワークを

 

 

 

 

 

つけ麺食べたい

 

 

 

 

金曜日、授業が午前中で終わったから友人と学校のそばにあるつけ麺屋さんに行った。つけ麺をその日初めて食べた。お店は狭くてカウンターっぽい席が一列に並んでいるだけで、着いたときには前に5人くらいはみ出て並んでいる人たちがいた。それでもすぐに座って食べ始めることが出来たので回転率がいいのだなあとぼんやり考えていた。いざ食べ始めると、並んでいる人から食べる姿が見えるし、食べ終わってダラダラと居座り続ける人はいないことに気づいた。友人はいつも、何でも私よりかなり早く食べ終わる。ほぼ同時に食べ終わらないといけないことに人生で3本の指に入るくらい頑張って急ぎ目に食べた。

 

 

ものすごく美味しかった。麺が太いのもよかったし、具がたくさんなのも、お水がいっぱい飲めるのも、お店の雑多とした雰囲気も好きになった。

 

 

すごくお腹がいっぱいになっちゃって、夕方6時になってもまだ胃もたれを起こしている状態だったけれど、絶対もっと食べたい。副担任の先生(推定26か27歳)とクラスの友達(25歳)にそれを言ったら「それは曲がり角曲がっちゃったね」(歳をとったということ)と言われた。たしかにそんな気がする。

一人でご飯を食べに行ったことはほとんどないけれど、つけ麺屋さんには一人で行きたいかもしれない。ラーメンと違って麺が伸びることもないだろうし、黙々と食べる感じがとても楽しい。自分のペースで食べられたら、それはそれは美味しく幸せな時間になると思う。少し前まではカレーにハマっていたけれど、今度はつけ麺ブームが来たよう。

 

 

 

つけ麺についてのみで653文字書いたのやばい

 

 

 

今日は授業がないのに学校に行かない行けなかった。朝起きて動けなかったので2時間弱予定より到着が遅れた。人と話したり合わせたりするのが面倒だったので自己中だと思われたかもしれない。最近今までなら言わないでぐっと我慢していたようなことも人に言うようになってしまった。ペースを合わせることができない。特に問題も起こってないし、結局友達とも上手くいっていてわたしは楽だし、自然に過ごすことでやりたいことやそうじゃないことがはっきりしてきたので良いことでもある気がする。

 

今日は誰かと話すのをセーブしたおかげで、学校のトイレ掃除をしてくれているおばさんと話すことができた。いつもなら疲れていて無視してしまう。歯磨きしているときに話しかけられて、天気のこと、文化祭の準備のこと、歯磨きの正しい方法、74歳だということ、トイレの数、について話した。トイレの個室の数、「ここは6つだけどしたは8つだから」と聞いて、いくつかなんて意識したことがなかったなあと思った。いつも綺麗にしてくれている。

 

 

 

 コーヒーだいすき☕️

 

 

 

 

 

 

 

あまいものと泣くこと

 

 

 

わたしは食べ物を落としてしまっても拾って食べる派だけど、この前ファミリーマートのチョコレート入りマシュマロ(超おすすめ)を雨の中落としたときは、拾って見たら濡れて黒い砂利がわりと付いていたので横断歩道を渡り終えるまで迷った末捨てることにした。

 

去年のクラスで食べるか食べないかという話になったとき、クラスの担任の先生が「ん〜まず落とさない」と言っていて、そうだなと納得した。だけどわたしはよく落とすしよくこぼすしよく何もないところで転ぶ。

 

 

1日のうちで泣きたくなることが何度もあるけれど、だいたいは泣かない。それでもやっぱりなく日もあって、「泣いたって何も変わらないよ」って言われたような気もするし、毎回頭の中で声が再生されるような感覚がある。でも私だって泣きたくて泣いてるわけじゃない。出来ることなら泣きたくない。目は腫れてブスになるし体力消耗、睡眠不足、自己嫌悪と良いことはない。しかも何も変わらないこともだれも何もしてくれないことも十分わかってる。それでも泣くほどに余裕がなくて悲しかったりするわけだからゆるしてっておもうよね。いつだって泣く30秒前みたいな生き方、バケツに水がスレスレで入ってる

 

 

あと、就活だめでももはや何も思わなくなってきたんだけど、自分がだめだったというよりも「合わなかったんだな」と思うし、なんでもそうだけど自分のものにならない瞬間に興味を失うしいらなくなる。欲しがっても手に入らないと悲しいからかもしれないし、本当にドライな人間なのかもしれないし、分からない。前者だったら強がりみたいで恥ずかしいけど、そっちの方がいい。私はしばしば自分のことが愛情に欠けた冷たく誰とも上手くやっていけない人間なのでは、と考えたりして怖いから、前者だったらまだマシかなって。

 

 

 

3.4日前からお肉が食べられなくなった。ほんとは食べる機会がなくて気づかなかっただけでもっと前かもしれない。気持ち悪くて食べられない、全然食べたくないし全然食べられない。昨日は挽肉を炒めた、かけらみたいなお肉を一つ食べてみただけで気分が悪くなった。今日は焼いた匂いを嗅いだだけでだめだった。

 

 

 

あまい、お砂糖ばかりで出来てるみたいなものばっかり食べてたい

わたあめ、マシュマロ、アイスクリーム、チョコレート