このあいだ高校時代の友人6人が約2年ぶりに集まった。

みんなおとなになってきてそれぞれに忙しくなかなか全員集まることができなかったから、たった1時間半ほどの時間がすごくたのしかった

寝ずに絵を描いてそのまま学校に行った日だったから、すごくねむくてつかれていたけれど行ってよかった

 

 

会うと「全然変わんないな、23歳なのに」とか全然しっかりしてないとか末っ子っぽいとか、常識ないとか散々なんだけど、それがすごく心地よかった

最近はもうあまえることも頑張らないこともできなくて、自分でしっかりがんばりつづけていないと置いていかれて自己嫌悪に陥り負の無限ループというかんじで、

駄目なところを心置き無く発揮できるのが1人で道で転んだりしているだけになっちゃって本当に泣きそうだった

 

 

がんばらなくていいのが嬉しいわけじゃなくて、頑張るのは好きだし、

がんばらなくても受け入れられるという前提からくる安心感が嬉しくてそれがあるから心が健康にがんばれるというかんじだと思う。

なぜかフランス語をやろうの気持ちになったので秋に準二級を取れるように勉強したい。

 

 

いつからこんなに聞き分けが良くて(みんなは思ってないかもしれないけど)、常識とか大人っぽさとか無理にまとったりするようになっちゃったんだろうね。

前だったらもっと自由に面白いく過ごしてそういう服を作れたんじゃないかなって考えちゃう

 

 

 

 

 

 

ほんとに眠くてあんまり覚えてないし、みんながとりとめなくおしゃべりしているのを聞いている方がおおかったけど、今でもこうして変わらず会えて嬉しいなあと思っていた

 

 

 

 

 

 

 

難しいことはもうどうでもいいのでわすれて、

この夏は歌ったり踊ったりケラケラ笑ったりしたいし、お酒を飲んだり好きなものをたくさん食べたりしたい

 

 

 

 

メモその1

 

 

 

自分のことをかわいいと思うとき

 

朝お化粧を完了した瞬間

お風呂で化粧を落とした瞬間 

(瞬間と言うのに謙虚な心があらわれている)

髪の毛が生乾きのとき

久しぶりに白いブラウスを着たとき

 

 

 

なんかかってになつやすみのきもちになったので新しいことでもしようかなって、夏は別のバイトでもしてみようかなって考えた 

 

候補にあったもの

喫茶店 椿屋 制服が可愛いから

メイド喫茶 急にメイド服を着たくなったから

映画館 映画にはまっているから

カレー屋さん カレーを毎日食べたいから

 

 

少し考えて全部無理だとおもった

飲食店がいちばんむりだし、おかえりなさいの気持ちにも絶対にならないと思う

 

 

やってみたいこと

ネイルサロンに行く

睫毛のエクステをつける

髪をボブにする(襟足を剃るくらいギリギリのボブにしてみたい)

それかいま全部、前髪も、顔まわりの毛も、後ろの方もパツっと切りそろえてあるから全部軽くしてみたい

持っている服も好きな服も今の方が似合うだろうけど軽くしてモテそうで垢抜けた感じにしてみたい

 

自分に飽きたし執着心がなくなったのでどんどん捨てたり変えたりしちゃいたい

 

 

 うつぶせになってうごけないからだれかに髪の毛かわかしてほしい

かわかさないからねられなくてどんどんねむくなってまた動けなくなる

 

 

妹がお祭りに行って男の子にわたあめを買ってもらったと言っていてかわいかったし夏だなあと羨ましくおもって、わたしもおまつりに早く行きたくなった

 

 

日記

 

 

 

嬉しいことがあった

わたしはお洋服屋さんで働いている

今日は閉店間際にお店がとても混んだ

そのせいで帰るのが20分くらい遅くなったけれど試着をした2組とも最高に可愛らしくいい人たちだったので全て許した

 

 

一組目は服のサイズと色(黒にするか紺にするか)ですごく、ずっと悩んでいて、

でも男の人が嫌味のない感じで的確なアドバイスをしていて2人で仲良く決めていた

お会計の時に女の人が「主人がこちらのお店が好きなんです」とおしえてくれた

男の人が好きで買ってくれることはあまりないので嬉しかったし、そこで夫婦なのだとわかり、だから距離感が素敵なのだなあと思った

「たくさん迷ってしまってすみません、ありがとう」と言われてとても感じのいい人たちだった

 

 

二組目はその一組目の人たちのお洋服を包んでいる時に大量の試着をお願いされて、えーーっとおもった

まずはじめにワンピースを試着してもらったらバタバタしていて試着室から出てくるまで気づかなかったけれど彼女がとてもかわいかった(好みだった)ので思わずかわいいと言ってしまった。

それから次に着てもらうワンピースのボタンを外していたら彼氏が彼女の頬を「マジで可愛くてしょうがない」という感じでなでていて、服関係ないじゃんと思ったけどとても良かった

全然いやなかんじのしないスキンシップ、

全ての欲がそこになくて信頼、という感じだった

 

彼女は少しぽっちゃりとしていてボタンがとまらなくてお腹やパンツが出たままカーテンを開けたりするのでびっくりしたけれどかわいかったので○です。

 

閉店までに免税の手続きをしなければいけないので少し雑な包装になってしまったけれど拙い日本語で楽しそうに何度もお礼を言ってくれたのですごくうれしかった

あと少し英語を使えたのでまた勉強しようと意欲が湧いた

4つも買ってくれて全てに似合っていたのでまた遊びに来て欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロマンス

 

 

 

わたしは何かを考えて箇条書きにすることがすき

多分国語力がなくて文章にするのが面倒だからだとおもう

数学がすきだし

でも好きなタイプを聞かれたら言葉が上手な人って答える、いまは

丁寧とか、難しい言葉が使えるとか、詩的だとか、そういうことじゃなくて、その人とか状況とかにあっていればなんでもいい

「お前」とか「バカじゃねーの」みたいな雑なのは全然いい、むしろくだけたかんじがすき

でも先生とか親が学生や子供に「あなたって全然だめ」「なんであなたはちゃんとできないの」みたいなこと言っているのを聞くのがほんとうに嫌

同じことを伝えるにも、もっと違う言葉、違う言い方があるのに、わざとなのか苛立ってるのか知らないけれど、言葉を使うのが下手くそだなあといやになっちゃうね。

なるべく、そのだめだったところだけを、ここがこう悪い(からこうしたらいい) とかポイントを押さえて言うようにしてほしい

人格とか、生活とか、他のこととかを巻き込まないように、そこだけ直して次は頑張ろうと思えるような言葉を選んでほしい

わたしも気をつけたい

 

 

なぜか長くなっちゃった

最近悲しいことがいくつかあったから

お風呂に入りながら「ロマンチックなことを言い合うゲーム」したら楽しいんじゃないかなって思いついたから箇条書きにしようと思っただけなのに

 

 

 

「ロマンチックな物事」

服を作ること(人のことを考えて、着る時の気持ちとか、身体とか、色とかレースとかたくさん考えるから)

家具(生活を送る様子が思い浮かぶから)

天体(月が一番すき)

夜空をながめながら何時間もおしゃべりしたい

花と花を贈るという行為

眠ること

チョコレートとその箱

テディベア

手紙

下着

蝋燭

雨の日

ペディキュア

 

全部に理由付けられるけど急に現実的になる気がしてやめたしもうやめる

 

 

f:id:dolllviolet:20170717001929j:image

 

 

 

cafuńe:愛する人の髪にそっと指を通す仕草

(ブラジル・ポルトガル語 名詞) 

 

 mångata:水面にうつった道のように見える月明かり

(スウェーデン語 名詞) 

 

 

こんな感じの日本語では一言で言えない状況に名前が付いているのがすきだしロマンスを感じるのでなにか知っていたら教えてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月

 

 

 

最近はすぐにムカつくと言ってしまうので

顔が可愛くてよかったを口癖にしていきたい

 

 

 

 

最近変わったこと

 

 

 

オレンジ色が好きになった

ぴったりした服とか着たい(夏だから?) 

アイラインを目尻で跳ね上げるのをやめた

アイシャドウをキラキラにした

2㎏痩せた

体力がなくなった

たくさん寝るようになった

映画をたくさん見ている

寂しがりやになった

好き嫌いが激しい

日焼けしてきた

胸が少し大きくなった(気がする)

甘いものをたくさん食べたいとは思わなくなった(食べたいけど)

お風呂に入らないままベットに寝られる

夢を沢山みる

口が悪くなったし男子小学生がよろこびそうなことで笑う

自分の話をするのが少し得意になった

 

 

 

きっと自分じゃわからない変化があるだろうから知りたいので教えて欲しいし、悪い変化だったら教えて欲しいし、こうなってって思うことがあるなら言ってみてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛を切った

 

 

 

数日前髪の毛を切りに初めて行く、オススメと教えて貰った美容院に行った

 

髪を切るのは3カ月ぶりくらいで、気温が高くなっていることもあって、髪の長さにも量にもうんざりしていたので嬉しかった

 

 

伸ばしていたけれど完全に飽きてきていたので15センチほど短くした

誰にも気づかれなかった

 

 

ずっと同じような髪型で染めてもいないので気分転換をしたいと言ったところ、前髪を短くしようとなり、眉毛の上の長さになった。

今までと違って毎日眉毛を描かなければいけないけれど、全体的にとてもさっぱりして御洒落な感じになったのでとてもお気に入りである。 

頭も軽いし洗うのも、乾かすのも半分の時間でできる。

 

 

ただ、かなりモテなそうな感じにもなった。

 

 

 

気付いたことは、このような前髪だと、、フリフリレースたっぷり衿もついてカジュアルと正反対みたいな服じゃないと、楽をすると、

原宿にいそう、いかにも専門学生、な印象に。

 

 

 

  

可愛いに妥協してはいけない

 

 

 

今までは前髪に甘えていたことがわかった

頼るものがなくなったので頑張らないといけないけれど、これくらいの方が妥協なしで素敵なものが作れそうな気がする

 

 

 

可愛くいたい